前へ
次へ

損害賠償とはどのように決まることであるのか

色々なことが理由で損害賠償などの話し合いをしないといけないというようなことがあったりするわけですが、実は特に絶対的な決まりがあるわけではないです。
特にいえるのが別に裁判所を通す必要性があるわけではない、ということになります。
そこが面白いところであるといえるでしょう。
例えば人に怪我をさせてしまったということなのです賠償しなければならないということもありますし、契約などを破ったということで支払い義務が発生するということもあります。
これらは基本的に実害というのがまずはあって、そこが基本的なベースにあってそこから慰謝料などといったような形での支払いの金額が加算されていくということになります。
契約を破棄しなければならないような状況であったとしてもその契約を破棄されたことによって生じた損害の賠償などが発生することがあるわけです。
こうしたことは割と話し合いで決められることが多いです。
そして、大よその損害賠償には相場というのがあります。

Page Top