前へ
次へ

損害賠償はあくまで自由

様々な理由で損害賠償請求をされる、あるいはしなければならないというようなことがあります。
それは一体どうしたことであるのか、といえば簡単にいえば様々な契約破棄とかあるいは不履行といったようなことが起きた場合にそのことから生じた損害の請求をするということがあるわけです。
或は怪我をさせたり、ということもあります。
こうした損害賠償に関することというのは上限が決められているというわけではありませんので交渉次第でいくらでも避けることができますし、いくらでもあげることができるということになります。
基本的に片方が弱い立場にあるわけですから交渉の際の文言に関してはかなり注意しなければならないという部分もあります。
相場以上の賠償金を支払うというのにはそれなりに理由があって例えば刑事事件にしないようにするとか民事で他に訴えないというような条件をつけたりということがあったりするわけで、そのときには脅しに近いような文言は使わないことです。

Page Top