前へ
次へ

損害賠償を話し合いで行うか裁判で行うか

世の中には多くの自動車が走っていて、残念ながら自動車同士や自動車と人などのトラブルが日常的に起きています。
その時には損害賠償の問題も出てくるのでしょうが、多くは話し合いによって解決をしているそうで裁判まで持ち越されるケースは少ないようです。
まず話し合いと裁判ではかかるお金が異なりますし、最終的な結論が出るのにも時間がかかります。
裁判となると数箇月かかるのは当たり前でこじれれば年をまたぐこともざらにあるようです。
損害賠償を相手に請求するに当たっては、それを話し合いで行うのか裁判で行うのかを決める必要があります。
交通トラブルは損害保険会社が間に入ることが多く、そのために保険会社同士の話し合いで済むようです。
個人間であれば話し合いで済むこともありますが、相手が企業となるといくらこちらの言い分が正しくても裁判の方が良い時もあります。
どちらが良いかに関しては自分だけで考えるのではなく法律の専門家に相談する方が良いでしょう。

Page Top