前へ
次へ

不法行為には、損害賠償が請求されます

日々の生活の中で、トラブルに巻き込まれる可能性は、極めて低いです。
ただ、確率から言えば、日常生活を過す以上、高いと言わざるを得ません。
例えば、自動車を運転して、勤務場所に通勤するにしても、事故の危険性はあります。
もちろん、自分が加害者になることもありますし、反対に被害者になる可能性はあります。
外出しなくても、家の中でも、その危険性はあります。
低いとは言いながら、使っていたストーブから出火したり、怪我をする可能性もあります。
どちらにしても、被害が出た場合には、その原因に基づいて、損害賠償の請求をすることになります。
当事者の示談が成立しなければ、法廷でその審議をすることになります。
法廷論争までの大事になると言うまでも、加害者と被害者が居れば、その被害に応じて、損害賠償をするのが、法治国家の中での取り決めです。

クレジットカード決済代行

データ入力代行 名古屋

ロケ撮影に使える居酒屋をお探しの時は当社にお任せ!

何が原因で被害が出たのかを検証する上で、過失の同意によって、その請求する金額も決まります。
過失の軽いモノは、軽過失と呼ばれますし、過失の重いモノは、重過失として責任が重いです。
その上に、重過失の上でも、当然事故が起きても仕方がない状態を知りながら、放置すれば、これは過失と言うより故意があると思われても仕方ないです。
この場合の故意を、未必の故意と呼ぶことがあります。
つまり、過失ではないとなり、損害の賠償の範囲も金額も、膨大になることがあります。
不法行為によって、損害賠償が発生するには、いろいろと原因と結果の因果関係を総合的に判断した上で、その過失度合いに応じて、賠償する金額も変化します。
ここまで来れば、当事者の示談では、金額の算定を付けることができず、裁判所の裁判で、その法律の判断を判決で待つことになります。
不服があれば、上告や控訴すればいいだけです。
ただ、損害の範囲の認定によって、更に損害の範囲が、膨大になる可能性が、上級審での判断でもあり得ます。
まずは、事実の確認、原因の追及、被害の算定、因果関係の有無など、総合的に判断される必要があります。

Page Top