前へ
次へ

損害賠償請求の問題について勉強した方が良い

違法な行為によって他人から損害を受けた場合には損害賠償を請求することができますが、債務不履行に基づくものか不法行為に基づくものかで請求の方法も変わって来ます。
債務不履行の場合は民法415条以下に不法行為の場合には民法709条以下に定められているのでその条文を確認すれば良いのですが、相手に賠償金を求めて裁判をするとなるとけっこう大変です。
相手側が弁護士を雇った場合には法廷闘争になるのでこちらも然るべき措置を取らなければならず、いくら向こうが悪いのは明らかでも相手の弁護士の腕が良ければ負けてしまう可能性もあります。
そういったことを防ぐためにも裁判になった場合には絶対に勝訴判決を勝ち取るために弁護士を付けた方が良いので、その場合には腕の良い人を探すために色々と情報を集めることが大切です。
債務不履行であれ不法行為であれ相手に損害賠償を求める場合には様々な証拠を集める必要があるので、予め弁護士と話し合い万全な体制で戦いに臨むようにした方が良いです。

Page Top