前へ
次へ

貸金業者の過度の催促行為に損害賠償する

サラ金といえば貸金業者からの借入になりますが、かつてはあまりいいイメージで無かったかもしれません。
その後消費者金融などと言われてもやはり気軽に利用できるわけではありませんでした。
しかし最近は銀行がカードローンサービスを前面に出し消費者金融会社も銀行のグループに入るなど借入自体のイメージが良くなっています。
ただ貸金業者にはいろいろなタイプがあるので、すべての業者が安心して利用できるわけでもないでしょう。
貸金業者に関しては、返済が滞っている借入人に対して一定の催促行為は可能ですが、過度の催促行為はその人の生活を脅かすことから禁止されています。
それをされたために生活に影響したのであれば損害賠償請求できる可能性があります。
まずは事実関係などをはっきりさせた上で、弁護士と相談していくら損害賠償請求するかを考える必要があります。
このときは金銭的な実害より精神的な苦痛による損害なので、慰謝料として請求することになります。

Page Top